アーカイブ

占いの変遷と本質

ハート

古来より占いは人間社会と密接な関係にあります。
歴史の流れの中でその形を変え、他の地域に伝わり、そこでまた独自の発展を遂げて現在に至るまで綿々と受け継がれてきました。
そもそも占いが発展した背景には、秘事や運勢や未来を知りたいと願う人間の本能に起因します。
そしてそれは世界中のあらゆる地域、あらゆる民族にみられます。
科学が十分に発達していなかった太古の時代には電話などの情報伝達手段など無く、口コミが主流でした。
人が発する言葉にはその人物の思念が宿り、それが森羅万象に共鳴してなにがしかの因と果を生じると考えられていました。
その超自然的なイデオロギーが占いの母体とも言われています。
科学が発達した現代においても占いの存在は否定される事無く、むしろさらなる変化と発展を遂げて人間社会と共同歩調をとっています。
その一例が電話占いです。
自身の運勢を知りたいと思うヒトの本質は決して薄れる物ではないため、占いが廃れる事は有りません。
大昔にはなかった電話と言う媒体を利用して、誰でも手軽に自分の運勢を知る事が出来るのが電話占いの利点のひとつです。
その普及率は口コミがさらなる口コミを呼び、さらにやインターネットを通して徐々に拡大して行きました。
電話占いは音声ガイダンスに従って行われるのが一般的です。
これが従来の易者の役割に相当します。
占いの内容も多岐に渡っています。
仕事の向き不向きに関する事柄や転職の際のベストタイミングのアドバイス、恋の進展模様、学業に関する助言、対人関係の行き詰まりを打破する方法、ギャンブルで一攫千金をもくろむための勝率など枚挙にいとまがありません。
これらは人間社会の発展と共に人の願望も多種多様の様相を呈し、それが占いのジャンル拡大に繋がっている側面もあります。
占いの本質はその内容が正しいか正しくないかに関わらず、運勢を示すという形で相談者に新たな視野や選択肢をもたらす点にあります。
人生とは取捨選択の繰り返しであるがゆえに、占いがそのメンタル面でのバックアップになっているともいえます。

誰に相談するか迷ったら

星座が集まる

電話占いをしたくなるのは突発的に人恋しくなったりとか、辛くなったりした時で誰に相談していいかわからなくなるほど混乱した時が多くなります。
それは時間帯が真夜中だったり友人が皆つながらなかったりして孤独感を深めてしまった瞬間に思わずプッシュしてしまうことになるので、電話に出てくれた相手を心からありがたく思ってしまうのは当然のことです。
電話ですから、自分のほかには相手しかおらず、占い師の専属している事務所などが存在していることになります。
通話料に課金されるシステムなら、課金システムを運営している会社も介在していることになります。
実際には話し相手と自分だけのプライベートな空間ですし、占い師が待機していてたまたまコールを受けた場合は初対面と同様の緊張感があるはずですが、電話占いではカウンセリングや相談が主な内容になるので、かけてきた相手がどんなに動揺していても感情的になっていても、うまくなだめて慰めてくれるのです。
ただ運勢を聞きたいだけとか月間の占いをききたいという場合には、専用ダイヤルにつなげば自分の星座だけをチェックすることができるようになっています。
毎日の運勢を必ずチェックする人もいますし、あたっていれば口コミで人気が出てみんなが利用するようになるので、ラッキーカラーは赤などといった抽象的なものではなく、実際に内容に現実味があり的中することが必要になります。
口コミで人気の占い師は電話占いだけでは対応しきれなくなるので、ブログをオープンしたり雑誌に連載を持ったりします。
対象範囲が拡大すればするほど内容が抽象的になっていくのですが、精神的なはげましやアドバイスは普遍的なものですので運勢を的中させるだけでなく、電話占いとは違った視点から運勢を占うことになります。
占い師があたるかどうかはまずは口コミからスタートするので、誰に対しても電話の相手が誰なのかわからくても誠実な対応を迫られることになります。

カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930